現場経験なしに働く不安

現代の花型の業界であるIT業界に転職してやりがいのある仕事をしたいと考える人が増えました。その際には未経験でも働けるようにするためのスキルを身につけることを考えることが多く、情報収集をしてどのようなスキルが現状としてニーズが高いかを調べるのが一般的です。その結果としてよく耳にするのがjavaエンジニアの不足であり、javaプログラミングを学んで転職先を探そうと考える人もいます。しかし、javaを扱えるようになっていざ転職しようと考えると、本当に経験なしで現場で働けるのかが不安になってしまう人も多いのが事実です。競争の激しいIT業界で経験もない人材が採用されるのかは不安に思われてしまうのももっともでしょう。

しかし、javaエンジニアが不足しているのは明らかであり、未経験可とされている人材募集が豊富な状況があります。実際に採用されるかどうかはそのスキル次第という面があるのも事実です。しかし、採用されたからには現場で活躍してもらわなければならないと考えるのが企業側として当然であり、そのための教育システムが確立されています。大企業では研修を行うことが多く、中小企業では現場でトレーニングを積んだり、デバッグから始めたりするのが一般的です。不安に思って躊躇するよりも、自分が勉強して習得した能力に自信を持って転職に挑むことの方が重要であり、採用されることさえできれば、努力次第で現場で活躍することは難しくありません。
未経験だからとITエンジニアへの道を躊躇している方へ参考となるサイトはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です